So-net無料ブログ作成

なんとかと紙一重な教員 [先生っぽい戯言]

何かとんでもない教員が実在していたようで。

「地図の上は北で下は南」??あきれた教師、分限免職(スポーツ報知より)


(引用開始)

 大阪市教育委員会は8日、特別支援学校の男性教諭(43)を教員として指導力不足で適格性に問題があるとして分限免職処分とした。この男性教師は、20年の勤務実績を持つベテランだが「三角形は一つの曲線と二つの曲線に囲まれる」「地図の上は北で下は南」、経線を「かけせん」と読んだりと、仰天授業を展開。1年間の校外研修を行ったが、改善が見られず、今回の処分が下った。
 中学校で社会科を約6年担当し、特別支援学校で14年勤務してきたベテラン教師が、トンデモ授業を行っていたことが、大阪市教育委員会の調査で判明した。
 調査によると、43歳の男性教師は、地図の読み方を説明する際、生徒に「上は北で、下は南」と見たままの?謎解説。山陰地方の「陰」の字も誤字で板書。指摘があって教科書を見ても、書けず、そのまま放置して先に進んでしまった。
 数学の授業では「三角形は一つの曲線と二つの曲線に囲まれる」と説明。経線を「かけせん」と読んだり、パソコンの授業では、的確な指示ができなかったことも。新学年になった時に、発注する教科書を前年度と全く同じものを頼んでしまう凡ミスもあった。
 特別支援学校では科目ごとの専任を置かず、幅広い分野を指導することが求められているというが、かなりの問題授業が常態化していたようだ。
 生徒や保護者からの訴えが続いたことで、事態を重く見た教育委員会では、昨年1月から1年間、模擬授業を行うなどの校外研修を行った。が、ここでも、
助言や指導に対し「言い過ぎだ」「中傷だ」と声を荒らげ、逆ギレ。途中で席を立ったこともあったという。

(引用終わり)


東京の養護学校でバリバリ働いている友人の言を借りると、「こういう輩を厄介払いみたいに配属させるから、保護者は養護学校とかに行かせたくなくなるのよ!」という言葉がずっしり来る。それにしても計算ミスならともかく、誤った事を教えてしまった時に落ち込んだりしないのだろうか・・・。それとも「先生」と呼ばれるうちに、何かが狂ってしまったのだろうか。

こういうのは不謹慎だが・・・。

この教員、何か精神的なものを患っているのではないだろうか?
クビにする前にそういう診断を行ったのだろうか?
健全だとしたら、ここまでの所業を理由付けできない。

それとも、ここまで無能でも大阪の教員になれるのだろうか?そういえば、高校の数学教師が高校入試の問題を3割しか解けなかったのも大阪だったような気がする。

て、ちょっと待てぃ!!
僕、そういう所に4月から勤めなアカンの?(自治体が微妙に違うが)

 

 

il||li _| ̄|● il||li

 

 

追記:

数学的に言うと、「三角形は1つの曲線と2つの曲線が交わってできる」というのも実は正解。
紙と鉛筆の世界ではなく、地球を一つの平面と見立てる世界なら、という話だが。(ボールに図形を書き込んだあとボールの皮をめくると、真っ直ぐだと思っていた線が曲がっている事を想像すればよい。詳しくは非ユークリッド幾何学をWikipediaでも見て確認していただければ幸いである。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。