So-net無料ブログ作成
検索選択

教員のせまーい世界 [先生っぽい戯言]

大分の教員採用に関する汚職。かなり根が深いようだ。
公務員の闇から組合の関与まで様々な意見が飛び交っているが、

今回は金が絡んだから大事になっただけ。
教育現場という狭いムラ社会でこんなものは日常茶飯事。

その事を指摘する人が少ないことに正直、驚いている。

私が大阪府でお世話になる前、某自治体の教員になって初任者研修を受けた時に気付いたのだが、数名を除くほとんどの新任教員が管理職や有力な教員と何らかのコネクションを持っていたのに驚いたことがある。

口利きがあったかどうかまでは分からない。ただ確実に言えるのは、教員になってからも人脈がものを言う、ということだ。自治体によっては希望する学校に転任できるかどうかは、人脈が左右する所もある。また、学年団を結成する際も、仲良しグループで形成されることが多い。

コネを一切持たず、そういった「日本的人間関係」を築くのが不得手なratoratoratoを、大阪府はよく採用したものだ。それほどまでに変化を求めていたのか、それとも単にゲテモノ好きなのか・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。