So-net無料ブログ作成

非常勤講師 [学校での戯言]

今日もまた、組合の署名から逃げてきました。

アホ、ここに極まれり (- -メ)

なぜ、30代前半にして窓際の危機を迎えるような事を自分からやっているのか、
自分でも良くわからない。

署名の内容は、「非常勤講師の雇い止めを止めよ!」 

待遇も福利厚生の面では改善すべきだと思うし、非常勤講師の数を減らすのも賛成ではない。
「〇条云々」よりもはるかに署名しやすいはずなのに、逃げまくった。

講師を「空いているコマを埋める人材」程度にしか考えず、
非常勤をよそ者扱いしている時点で、説得力を感じない。
さらに、教諭自身が彼らを低く見ているのを何度も見ていると、
こういう署名に名を連ねるのが恥ずかしいとすら思える。偽名すら書く気が起きない。

第一、本当に非常勤講師が学校に必要な人材と感じるならば、

  • 若い講師には色々とアドバイスを送り、
  • ベテランの講師(元校長もいる)からは知識と経験を聞き出す

ということくらいは日常的にしているはずなのだが・・・。

生徒に教諭・常勤・非常勤の違いを説明した上で、
自分がなった教諭が一番生徒想いで、一番偉い
と主張した強者(ちなみに、新任教員)まで数年前にいたくらいだからねぇ・・・。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

チャッピィー

こんにちは。
楽しく拝見しています・・・
此からも宜しくお願いします。
by チャッピィー (2009-01-10 11:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。