So-net無料ブログ作成

追記(「外の世界の一人」様のコメントを受けて) [先生っぽい戯言]

前のエントリーに「外の世界の一人」様からご意見をいただいた。


免許の更新をされて能力が常に証明されている
教員の方が安心できます。

仰っている話はまた別の問題ではないでしょうか?
研修の内容に問題があるから意味がない、ではなく
問題点を指摘してよりよい研修にしていくべきではないでしょうか。
そして、それに気づけるのは実際に研修を受けている
教員の方々ではないでしょうか?

実際に数十人程度の足きりが行われているようなので、
そんなに無駄な事とは思えません。 


外の世界の一人様:

貴重なご意見ありがとうございます。

まずは誤解をされているようですが、私は教員免許の制度自体は無意味だと思いません。
ただ、講習の在り方をきっちりさせる前に急いで法令化してしまったため、
「準備不足ではなかったか?」と考える者です。

あと、金を払って受けるからには、実りある研修を受けたいという思いもあります。
そこのところが上手く説明できていませんでした。申し訳ありません。

まず、ご理解いただきたいのが、
初任者研修をはじめとする強制的な研修の質の低さです。
残念ながら企業等で行われる研修とはあまりにもレベルが違いすぎます。
免許更新制度がなくなることを見越しているのでは?と疑いたくなるくらいの
やる気のない講座を開講している大学も少なくありません。
いくつか例を挙げておきます。

  • 情報科の講習で「ホームページビルダーの使い方」研修
  • 講習後のレポートは「書けば何でも通る」と宣言された講師
  • 25年前のデータを出してきて「最新の教育事情」を語る講師

そして、もっと厄介なのが教員自身です。
多くの教員はこういった、まともに講習をやる気のない大学を探すのに必死で、
有意義な研修を受けようという志を持った教員は変わりもの扱いされてしまいます。

何せ、私レベルのグータラ教員でさえ、「何か得られる物があるはず」と口にしただけで
府教委に向いている=現場の考えとはズレていると言われたくらいです。
この間も別の学校のベテラン教員から「ratoratorato先生は前向きだねぇ。ようマネせんわ」だの、
「ratoratoratoさんはまだ免許更新制度があると思ってるん?」と思いっきり皮肉を言われました・・・。

(そもそも、ドキュメンタリー番組に出てくるような熱意のある教員は、教育委員会主催の別の研修を、時間を割いて受講していたり、専門書や事例集などから最新の指導法を学びとろうとしています)

これは私自身が感じたことですが、大学や自治体、そして受講する教員も
すぐに終わることを前提とした新制度とみなして渋々動いている感じがします。
率直に申し上げて、良くしようとする空気は私の職場では皆無に近いです。

せめて10年は続けるという確約があれば、後輩のために
良い方向に持っていこうとする教員も増えると思うのですが・・・。

 

文章をうまくまとめることができず、ダラダラと書いてしまいました。
生徒に常日頃言っていることを自ら顧みて猛省したいと思います。

補足(足きりについて)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。