So-net無料ブログ作成
日々の戯言 ブログトップ
前の10件 | -

・・・で、保護者は? [日々の戯言]

皆さま、遅れましたが新年明けましておめでとうございます。
今年も時間の許す限り更新していこうと思います。

久々にパソコンを立ち上げると、こんなニュースが。

女子高生の口座、学校預かり…バイト代から修学旅行費や授業料

高校が取った行動はやりすぎだとは思うが、他に良い方法がないのも事実。
通帳を生徒預かりにすると誰かに使われるのかもしれないし、
卒業できなくても修学旅行には行きたかったのかもしれない。
(退学が多い学校や定時制には、そういう生徒が意外と多い)

ただ、学園ドラマのように学校や担任が立て替えたりするのは論外。
そんなもの、美談でも何でもない。エコヒイキ以外の何物でもないし、
第一、無理して払ってくれている家庭にたいして失礼極まりない。

最善の方法は何だったのか。正直、思い浮かばない。

それよりも気になったのは保護者の存在。
本文には全く記されてなかったのだが、何かアクションを起こしたのだろうか?
バイトの許可を求めたり、費用の分割や奨学金の問い合わせとかは一切なかったのだろうか? 

本当に子どもの事を考える保護者は、たとえ生活が苦しくても授業料の未納(滞納はあるが)や、修学旅行費に対して何の手も打たないのはあり得ない。

実際、ratoratoratoが見てきた生徒・保護者でも、生活が苦しいという家庭でも何とか授業料を工面していただいた方は少なくない。費用を工面していただいたある保護者に担任として感謝の意をお伝えした所、帰ってきた答えは次のようだった。

そら、自分と同じ人生歩んでほしくないですからなぁ。
親として当然ですわ。

子どもには幸せになってほしい。すべての親はそう考えると思っていたが、残念ながら現実はそうではないらしい。子どもの面倒を一切見ず、何の支援もしないどころか、

生活保護の手当て目当てで高校に通わせる保護者。
(むろん、授業料等は一切支払われない)

進学に向けてコツコツ貯めた貯金を勝手にパチンコに使い込む保護者。

こんな保護者や、それ以上のことをしている保護者をこの10年で何人も見てきた。
いつから「子どもより自分」がまかり通る社会になってしまったのだろうか・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年の瀬だというのに・・・ [日々の戯言]

この1年を振り返って・・・みたいなことを書こうとした矢先に、こんなニュースが。

韓国大興奮 北海道教組「竹島は韓国領」

 


(全文引用)

 日韓が領有権を争っている竹島韓国名・独島)について、日本の北海道教職員組合が「韓国領だ」と主張していると韓国で話題になっている。文部科学省は最近、高校の学習指導要領解説書をめぐって「竹島は日本の固有の領土」と再確認したばかりだが、北海道は鳩山由紀夫首相のおひざ元だけに、韓国では関心を持たれている。

 韓国の有力紙、朝鮮日報(28、29日付)が東京発で伝えたところによると、北海道教組(日教組系)は昨年11月、機関誌兼学習資料の「北教」で「歴史的事実を冷静に読めば韓国の主張は明確に事実に立脚している。島根県などが竹島領有権を要求する行為は日本の侵略と植民地支配を正当化するきわめて不当な行為だ」と、韓国の立場を支持しているという。

 これは昨年7月、中学学習指導要領解説書が、竹島の名前を挙げ日本の領土として領土問題を教えるよう指導した後のことで、教育現場では指導要領に反し韓国の主張が正しいと教えるように指導したものとして、韓国社会では歓迎している。

 これについて北海道教組幹部は、同紙とのインタビューで「教壇では対立を教えるのではなく、平和教育の範囲内で韓国の立場を生徒たちに十分に教えることが重要だ。近隣諸国には配慮すべきだ」と語っている。

(引用終わり)


いやいや、相変わらずというか、お盛んだというか。
ただ、この類の話題が出るたびに不思議に思うことが2点ある。

まず、普段平和・人権を声高に主張する人に限って、
「軍国主義者」「差別主義者」というレッテル貼りを平気でするということ。
○○人、とひとくくりにしてはいけませんよ
と生徒に教えている人間が規範を示すべきだと思うのだが。
(「自ら規範を示す」という考えを嫌う教員はなぜか多いが。)

もう1点は、国際理解・異文化理解が浸透しつつあるこのご時世に
隣国への配慮=隣国の主張を鵜呑みにすること
と信じて疑わない教員が多いということ。

相手の意見を理解しつつ、自分の意見を述べることが対等な関係だと思うのだが、
彼らの機嫌を損ねるのがそんなに嫌なのだろうか。

そういえば、某学校の人権学習(在日コリアンについて)で、
元寇が失敗したのは、高麗の民がわざと船を脆く作って沈没させやすいようにした
山に杭を打って朝鮮民族を(風水的に)抹殺しようとした
なんてことを真剣に教えようとしていた人権担当がいたのを思い出した。
(生徒は冷静そのものだったが・・・)

そういうのを友好だ平和学習だと教えさせられる生徒が気の毒で仕方がない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ご無沙汰してました。 [日々の戯言]

気がつけば師走。

ブログの更新をほっぽり出して何をしていたのかというと・・・

育児。

ratoratoratoも一児のパパになりました!

仕分けへの不満やら、職場のボヤキやら、教育行政の憤りやら
書くことは盛りだくさんあったのだが、
どれも「役所に出す書類の山」と「夜泣き」に消されていってしまいました。
まぁ、これも折を見てグダグダ書き連ねて行こうと思います。

ところで。
立会出産なるものをwife殿(相手が「家内」「妻」「奥さん」という言葉をやたら嫌うもんで・・・)
望んでいたので、一生に一度の経験、ということでratoratoratoも立ち会うことになった・・・

はずなのだが、いざ分娩室に入ったその瞬間。

ぎゃー!!

来ーなーいーでー!!

哀れ、感動的な瞬間を部屋の外で迎えることになりましたとさ。

 

ちなみに、実家からわざわざ来てもらったお義父さんは
これと全く同じ仕打ちを受けて、寂しそうに帰宅されたのだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久々の更新です・・・ [日々の戯言]

久しぶりにブログを更新してみようと、例の如くネタの収集に励んでいると、
このような記事が。(本文はリンク先を参照してください)

バレー部員に繰り返し体罰 教諭に停職5カ月 

よくあることですな(- -メ)

他にも「馬を以て鹿となす」を地でいくような洗脳を行う教員や、
ミスをした生徒をボコボコにした後で

あーすっきり!

とのたまう教員やらがどの学校にもわんさかいる。なぜか球技系に。
しかも、教育の現場ではこれらの乱行を

なんと熱意のある先生か!生徒は黙って従うべきだ!

と評価するのだから、たまったものじゃない。
体罰などの「行きすぎた指導」は、本人はさておき
クラスメイトなどその場に居合わせた生徒に恐怖心を与えることが多いというのに。
(実際、それが原因で不登校になったというケースもよく聞く)

時代が変われば生徒も保護者も変わる。
指導方法も変わってしかるべきなのに、こういう点だけは2、30年前と同じ。

我々教員ももう少し現状に対応しなければいけないと思うのだが、
これ以外の指導方法を受け入れられる教員はどれだけいるのだろうか・・・?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インフルエンザ狂想曲 [日々の戯言]

生徒が新型インフルエンザにかかったら、うちの学校は崩壊するなぁ

数日前、職員室で冗談に聞こえない会話が飛び交っていたが、
どうやら崩壊へのプロローグが始まったようで。

神戸の同じ高校の1人も新型陽性 渡航歴なし

新型インフルエンザで神戸まつりが中止に近い状態になり、
神戸市の学校も1週間休みになったようで。

ただ、学校を休みにした所で効果があるとは思えない。
(生徒はこれ幸いに遊びに行くのは目に見えている)
感染が止まるどころか、余計に広がってしまうかも知れない。

しかも、この時期高校生は対外試合であちこち行っていることが多い。
はたして感染元を突き止めることができるのだろうか・・・。

ただ、最近のテレビや新聞が騒ぎ立てる集団ヒステリー、どうにかならないものか。

どうしてあんな学校がカナダ留学にいくのか 

などという中傷電話は論外だが、マスコミもマスコミで、

すぐに高校が特定できてしまうような映像を流す
生徒が友人に送ったメールまで公開する

など、完全な迷走状態。(むしろ、煽っているのでは?と思う節もある)
しばらくは「1億総パニック状態」が続きそうだ・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やれやれですな。 [日々の戯言]

将棋の対局中(しかもタイトル戦)に、指し手にサインをねだった記者がいたようで・・・。
将棋や囲碁の観戦記者は相当な実力者でないと務まらないはず。
将棋における礼儀も弁えてないとどうしようもないはずなのに、言い訳はこうときたもんだ。

>「郷田さんの手番だと思っていた。うかつだった」と釈明したという。

私、常習犯ですぅーと言わんばかりの言い訳。
さぞかし、相手の手番の時にサインをもらい続けて来たに違いない。

対局中に話しかけない!

サインを求めるなんぞ言語道断!

これって、将棋や囲碁やってなくてもわかるはずなんやけどねぇ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

例のミサイル [日々の戯言]

北朝鮮が案の定、やってくれました。
それについてウダウダ書くつもりはないが、
ただ、テレビを見ていて気になったことが1つ。

迎撃ミサイルの場所を特定していいん?

ということ。もしスパイがいて、その基地に入り込んだらどうなるのだろうか。
この国(特にメディアが)平和ボケしているのは相変わらずだが、
それ以外にも、今回も色々考えさせられた。

ミサイルは静観せず、迎撃した方が良かったのか?
もしくは、「迎撃するぞ!」という宣言をせずとも、黙って撃ち落とすか、無視したら?

どちら側も、我々の見えない所での駆け引きがかなりあるのだろう。
これからどういう動きになるか注視したいところだが、
ratoratoratoは生憎、新学年の担任。

将軍さま。

訳わからん事をするなら土・日にしてくれんかのう?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「先生を流産させる会」 [日々の戯言]

こちらが新入生の事で胃を痛めまくっている中、こんなムカつく事件が。

教員の指導に反発するのはいつの時代にもあるが、
こうまで陰湿だと言葉もでない。

愛知の中学生11人「先生流産させる会」 


(全文引用)

愛知県半田市の市立中学で1月に1年の男子生徒11人が「先生を流産させる会」を結成し、妊娠していた30代の女性担任教諭の給食に異物を混ぜたり、いすのねじを緩めたりする悪質ないたずらをしていたことが28日、市教育委員会への取材で分かった。

市教委は、4月から産休に入る予定の同教諭の体調に異常はないとしているが、学校は生徒と保護者を呼んで注意し、生徒らは謝罪したという。

市教委によると、席替えの決め方や部活動で注意されたことに不満を持った生徒らが、ほかの生徒に声を掛けて同会を結成。1月下旬から教室で教諭が座るいすの背もたれのねじを緩めたり、理科の実験で使った食品添加物のミョウバンや食塩を持ち出して教諭の給食にこっそり入れたりした。

2月下旬に給食への異物混入を目撃した生徒が別の教諭に報告して発覚した。


こいつら、終わってるわ…

という言葉以外に言いたいことは1点。

 

 

こいつら、絶対に反省してないって!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近、入試問題のミス多くない? [日々の戯言]

ここ数年、大学入試の出題ミスが増えているような気が。

これを
オリジナリティあふれる問題を作ろうと試行錯誤を繰り返しているとみるか、
単に問題作成者の質が低下しているとみるかは難しいところ。

数学はいざとなったら「実社会での活用例」というストックがあるが、
(一部大学のAO入試でたまに見かけるが)
理科や地理・歴史のようにストックが限定される科目はそろそろネタ切れになりそう・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Obama! [日々の戯言]

“I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.”

私には夢がある―いつの日か、私の4人の子どもが皮膚の色ではなく、何物であるかによって判断される国に住むということを。(ratoratoratoの勝手訳)


これはキング牧師の有名なスピーチの一節だが、
オバマ新大統領はこれを見事に実証したのではないだろうか。
彼自身はマイノリティーであることを隠さず・誇示しなかった。
自分の力が正当に評価されたことが、今回のChangeにつながったのだと思う。

大統領として有能なのか落第なのかはまだ分からない。
ただ確実に言えるのは、「アメリカ合衆国という国に注目している」ということ。
国民がオバマ氏を人間性や能力で選んだのか、それとも「黒人だから」選ばれたのか。
世界がどう判断するかは、彼の手腕にかかっている。

それに比べ、我が国の深く考えずに便乗する輩の多いこと・・・


前の10件 | - 日々の戯言 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。